DHCルテイン光対策は有害な光の刺激から目を守るものです

総務省によると2016年の情報通信機器の世帯普及状況はパソコンは73%、スマートフォンが71.8%と今や生活には欠かすことのできないものとなっています。 パソコンを使った業務や移動時間や待ち時間を利用してスマートフォンを使う人も非常に多く、つい時間を忘れて画面を見続てしまうこともよくありDHCルテイン光対策が効果がるようです。 しかし、画面から受けるスマホなどのブルーライトには気を付けなくてはいけません。 ブルーライトを長時間受けると目の機能を低下させる恐れがあります。

目の中には黄斑部という紫外線や有害光線から目を守る働きをしている部分があります。 この黄斑部に異常が起きると視力の低下などを引き起こすことにつながるのです。 DHCルテイン光対策はそんな有害光線から目を守るためのサプリとして開発されました。

商品 説明 価格
DHCルテイン光対策 1粒中のルテイン含有量16㎎
ブルーライトの刺激から目を守り、目の黄斑色素を高めて目の調子を整える
20日分→¥926
30日分→¥1,234

※DHCルテイン光対策にはアレルギー物質として大豆が含まれていますので注意してください。

DHCルテイン光対策に期待する効果

目の健康を維持する働きのルテインは、水晶体や黄斑部に内在していて、外から入ってくる紫外線やブルーライトを吸収するフィルターの働きをしています。 ルテインが不足するとその働きが低下して様々な目の様々なトラブルを引き起こしてしまいます。 年齢を重ねるとともにルテインはどんどん減っていきます。 しかも、ルテインは体内で生成することができないため、ルテインを含んだ食べ物やサプリメントなどで補給する必要があるのです。 DHCルテイン光対策はそんなルテイン不足を解消し、目を正常に保つために役立ちます。

有害光線から目を守るための主な成分

DHCルテイン光対策には、紫外線やブルーライトによる光の刺激から目を守るためのにルテインをはじめカシスエキスやメグスリノキエキス、クチナシエキスが含まれています。 それぞれ1日の摂取目安量の1粒の中に含まれる量は以下の通りです。

1日の摂取目安量1粒(320㎎)あたりの機能性関与成分

成分 含有量
ルテイン 16㎎
カシスエキス末 20㎎(アントシアニン35%)
メグスリノキエキス末 20㎎
クチナシキエキス末 4㎎(クロセチン3㎎)

DHCルテイン光対策に含まれる成分の作用とは?

ルテイン

抗酸化作用により、紫外線やブルーライトなどの有害な光を吸収し水晶体や黄斑部の機能低下を防止する働きがあります。

カシスエキス

DHCのルテインのカシスに含まれるアントシアニンには毛細血管の血流をよくする効果があり、毛様体筋の働きをよくします。

メグスリノキエキス

ムクロジ科カエデ属の落葉高木で、「長者の木」や「千里眼の木」とも呼ばれ抗酸化作用により眼病予防に効果があるとされています。 星薬科大学の研究では視神経を活性化させることも実証されました。

クチナシエキス

水晶体でピント調整をするための毛様体筋の働きを助ける効果があります。

ルテイン光対策が機能性表示食品であるための根拠

DHCではルテインのサプリが機能性表示食品であるための研究レビューを報告しています。 臨床試験では、ルテインを適度に摂取することによる黄斑色素密度の増加やコントラスト感度の改善が確認されています。
下の図はその効果を示したものです。(出典:DHC)


【機能性表示食品(届出番号:B82)】
DHCのルテインサプリが含まれます。ブルーライトの光刺激から眼を守る色素成分であり、眼の黄斑色素濃度を高めてコントラスト感度を維持・改善し、眼の調子を整えることが報告されています。

<

DHCのルテインの効果を実際に体験してみました

効果があるのかは、実際に体験してみるしかありません。 パソコンやスマートフォンで目を酷使しているとの自覚から、ドラッグストアでDHCルテイン光対策を購入し、試してみることにしました。 とりあえず20日分で様子を見ることにして、1週間ごとにその効果がどのようにあらわれるのか確認してみました。

 眼科医も驚いた!ルテインのサプリ効果が視力をアップさせる

このページの先頭へ